2008年9月29日月曜日

英検とTOEICをくらべてみた

今回は、英検とTOEICを比較してみます。

2007年度の受験者数は
TOEIC 約160万人 英検  約238万人 となっています。
大体TOEICが、10年くらいで
倍の受験者数になっています。  

このようにTOEICと英検は、
英語検定の2大試験となっています。

TOEICは、日常的コミュニケーション
および簡単なビジネス業務が行えるかを確認します。
つまり、TOEICは実務的な英語の検定試験と
いえるとおもいます。

一方、英検はどうでしょうか?

英検はTOEICからビジネス関係の部分を除き、
英語独特の言い回しやイディオムを加えてより
幅広い英語力をみる英語の検定試験といえると思います。

それでは、TOEICと英検の比較を、英検の
級別に行います。

まず英検とTOEICの比較で英検2級では、
英検2級のレベルはかなり低く正確に英語が読めずに
ブロークンな英語の読み書きしかできなくて、
も英検2級には合格してしまう場合もあり、
TOEICのスコアとのばらつきが大きいようです。

次にTOEICと英検の比較で英検が準1級となると、
英検準1級の法がTOEICより難しくなります。
TOEICでは、スタンダードな言葉しか使いませんが
英検準1級ではイディオムな使い方も含まれるため、
TOEICで700点レベルでないと英検準1級の合格は難しいでしょう。

さらにTOEICと英検の比較で英検1級となると、
英検1級の方がかなり難しくなります。
TOEICと英検の比較で、
TOEICで対象とならないような語彙まで英検1級
では要求されるために、英検1級ではTIMES誌などの
カバーが辞書無しでほぼ読めるようなレベル、
と想定されているためTOEICでは対象とされないような
語彙や教養まで要求されています。
TOEICのスコアが900点以上の場合、
英検1級の合格率が70%くらいではないかと言われています。

最近では、英検より
TOEICの点数での求人広告を見かけたりしますね。

それぞれ、傾向が違いますので
受験される際には、両方ではなく
どちらかにしぼって勉強するのが
いいですよ

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

2008年9月23日火曜日

工業英検について

工業英検は、
社団法人日本工業英語協会が運営している
日本における英語検定です。
正式名称は、工業英語能力検定となります

「工業英検」は、
工業界で使われる工業英語の正しい理解と
普及を目的に工業英語に関する英語の検定試験として行われています。

工業英語に当たる英語は、
”Technical Writing in English"
または"Technical Communication in English"といわれるもので、
科学技術情報を対象とする読者に合ったレベルで
正確にわかりやすく伝えることを目的とします。

工業英語は一般英語と異なり、
読み手がいろいろな解釈をしないようにはっきりと
事実を示し伝えることが目的です。

工業英検の内容は、
1級から4級まであります。

工業英検1級は、
工業英語の専門家としての実務能力を持つ者として認定されます。
工業英検1級の試験は、筆記試験とリスニングテストの2つになります。

工業英検2級は、実務経験者を標準として
工業英語全般の知識を有する者とされ全問記述式の筆記試験のみとなります。

工業英検3級は、
大学専門課程や工業専門高校上級などの工業英語の応用知識を持つ者とされ
全問マークシート式の筆記試験のみとなります。

工業英検4級は、
工業高校・工業専門学校程度の工業英語の基礎知識
を有する者となり全問マークシート式の筆記試験のみとなります。

工業英検は工業英語の知識を客観的に評価する制度で、
文部科学省後援試験となっています。

工業英語は、知識のみでなく契約や広告などにも使われる専門的な英語で、
専門的知識が必要になります。

専門的な内容の試験になりますので
やはり、専門用語にくわしくないと
だめなようですね。

就職活動なら、3級がひとつの
目安になるようです。

05年の数字で、2級の合格率が36%と
結構難関の試験となっていますね

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。


2008年9月17日水曜日

国連英検について

国連英検について書いていきます

国連英検をご存知でしょうか?

「国連英検」は、
国際連合公用語英語検定試験のことを言います。
http://www.unaj.or.jp/eiken/index.html

財団法人日本国際連合協会が主催する英語検定試験で、
国連総会などで使われる6つの公用語のうち
使用されることが多い英語についての
コミュニケーション能力を検定する試験

これが、国連英検です。

数ある英語の検定試験がありますが、
国連英検の特徴はなんでしょうか?

国連英検の特徴は、
国連の理念である「国際理解と国際協力」の
普及活動の一環として行われていることです。

国連に対する理解と協力に繋がる英語の検定試験が国連英検です。

国連英検の試験内容は、
グローバルコミュニケーションのための英語力を目的
としていますので、合格者の多くは国内外で活躍しています。

また、英語を媒介として政界情勢に着目している点にあります。
国連英検の出題内容も政界平和や、地球環境、人権等の
幅広い分野から用いられますので
英語検定のみの判定にとどまりません。

また、国連英検は有名大学の
推薦入試や編入試験では、国連英検を出願資格として
認めている大学も多数あります。

大学入試資格検定においても
国連英検C級合格以上を文部科学省が
英語資格として認定しているのです。

大学の中では、B合格以上を履修単位としているところもあるのです。
国連英検は、
クラスとして一次試験の特A級・A級・B級、C級、D級、E級の
ランクに分かれており、2次試験はネイティブスピーカー
とのインタビューテストになっています。

国連英検はコミュニケーション能力とともに世界的一般常識等も勉強できます。

試験の大体のレベルは
■特A級■
国際人として国際的な経済・政治・文化の場で活躍できる英語力
■A級■
一般社会人、大学修了程度。論文の理解・作成ができ、外国人と討論ができる
■B級■
大学生、短大修了、専門学校修了程度
■C級■
高校修了程度 秘書検定1級条件・昭和60年以降大検英語免除にも利用可
■D級■
高校2年程度
■E級■
中学修了程度

国連英検の特徴である、国連に関する知識を問う問題が出ます。
出題数は多くありませんが、
必ず出ます。

また、時事問題がでますので
日ごろから、国際情勢について
気を配っておきましょう

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。



2008年9月12日金曜日

児童英検ってどんなもの?

今回は、児童のための英語検定について書いていきます。

英検5級は、中学校初級程度となっています。

ですので、小学校の英語活動に対する検定としては
レベルが高すぎますね。

ですので、財団法人 日本英語検定協会は、
児童のための英語検定を始めています。

「児童英検」というもので、
英語学習の入門期に最も大切と考えられている
リスニング形式のものです。

JAPEC児童英検というのもありますが
今回は、財団法人 日本英語検定協会の児童英検についてです。

英語を聞いてそれにあったイラスト(選択肢等)
に○を付けていくというような簡単な方法が児童英検になっています。

児童英検は、
「BRONZE」(初級レベル)
「SILVER」(中級レベル)
「GOLD」(上級レベル)の3つのグレードに分かれています。

児童英検の「BRONZE」レベルの到達目的は、
●英語の音やリズムに慣れ親しむこと
●初歩的なコミュニケーションの伝達や
簡単な表現を聞いて理解することとしています。
話題としては日常生活の身近な出来事や、家族などとの交流、
生活レベルのことなどを中心にしています。

児童英検の「SILVER」レベルの到達目標は、
●日常生活での身近な事柄に対する簡単な意思や表現を聞いて理解することと、
それに対して簡単に応答すること
●簡単な会話や文を聞いてその中の情報を理解することとしています。
身近な社会生活での出来事、初めて会う人や外国人との交流、
学校で習うことや課外活動、生活での一般的な知識などを対象とします。

児童英検の「GOLD」レベルの到達目標は、
●日常生活での身近な事柄に対する語句や表現を聞いて
理解しそれに対して質問や応答をすること
●まとまった会話や文章を聞きその中にある情報を理解したり、
その場面や状況を判断したり、要旨を把握したりすることです。

児童英検は合格・不合格を判定するやり方ではなく、
正答率で評価をするようにしていて進級の目安のステップゾーンを設けています

BRONZE(初級レベル)の対象となる
受験者の目安は下記のようになっています

○児童英検を初めて受ける児童
○学習塾などで半年~1年以上の学習経験をもつ児童
○小学校の英語活動で初めて英語に触れ、1年半以上の学習経験をもつ児童
○家庭で英語学習をしている未就学の児童
○音声による学習はしているが文字の学習経験がない児童
http://www.eiken.or.jp/jr_step/index_grade.htmlより引用

受験者数の分布から見ると、6歳から9歳の間の受験者が多くなっています。
幼稚園でも、英語教育をしているところがあるので
その習熟度を調べる目的もあるのかもしれませんね。

合否がない育成型のテストである点も評価できると思います。
できたという喜びが、英語を学んでいく動機になると
いいですね。

小学校からの英語必須化にむけて、今後注目されていく
試験かもしれませんね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

2008年9月6日土曜日

英検3級を詳しく

今回は、英検3級についてです。

3級をもっていると高校入試の際に優遇してくれる
高校が多いようですね。

英検の3級は、中学卒業レベルとされている
実用英語技能検定試験の級になります。

英検の1級から3級までは
英検の検定試験が一次試験と二次試験に分かれています。

二次試験は一次試験の4週間後にあり、
一次試験で合格基準点に達した場合には
、二次試験を受ける資格が1年間与えられます。

英検の3級試験の一次試験は、
筆記試験とリスニングテストになり基本的にマークシ-ト方式です。

英検3級の二次試験は、個別面接となります。

英検の3級試験は、英検受験がはじめてでも比較的受けやすい試験で
基本的な文法や会話が理解できているかを答える問題が
ほとんどとなりますので、英語の基礎的な部分が理解できていれば
難なく合格することができます。

英検の3級からは、面接試験が入るので
簡単な英語の質問には答えられるようにしておきましょう。
この英検の3級や4級に合格することで自信を付けることもできますから、
まずは3級4級を受験しておくことも良いことでしょう。

簡単な小説の訳と暗記や、
単語の学習、簡単な英語のニュースを聞いて内容を理解する、
文法学習、各級の過去問題の復習などが英検3級合格のためのポイントでしょう。
英検3級はかなり簡単といわれていますが、
学校で学んだ英語だけでなく英文ニュースや
簡単な英語の小説等も学習の種にしていきましょう。

中学校レベルとされる英検3級ですが、
英文を読んで理解するだけでなく
簡単な英会話なども必要になってきますから、
「英語の勉強」だけでなく楽しく学ぶことも大切でしょう

高校受験前に、実力テストだと思って
受けてみるのもいいですね。

受験対策にもなると思うので
一石二鳥ですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

2008年9月1日月曜日

英検2級と準2級について

今回は、英検の2級と準2級について
書いていきます。

合格率が
英検2級 22%前後
英検準2級 36%前後 となっています。

意外に低いような気がするのは
私だけでしょうか・・・・。

まずは、求められているレベルからですね。

英検の2級と準2級は、
2級が高校卒業レベルで
「日常生活や健康に必要な英語を理解し特に口頭で表現できること」で、
準2級は高校中級レベルで
「日常に必用な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる」とされています。

2級からは、履歴書に書けると思います。
最近は、TOEICを書く人が多いような気が
しますけれども、まだまだ英検のほうが有名
だとおもいますので、大丈夫でしょう。

特に準2級以上を取得することによって
高等学校卒業程度認定試験の英語科目が免除となる資格となっています。

英検での2級と準2級以下の級は、
中学校や高等学校の学習指導要領を合格の基準にしています。

合格する為には、どのような勉強をすればいいでしょうか?

この英検2級と準2級に合格するためには、
長文を読めるようになることと、
リスニングの早さになれる必要があります。
英検の2級と準2級に合格のためには、
この2つを克服すると飛躍的に確率が上がるようになります。

例えば、Japan Timesの記事の訳と
暗記及び単語や英語のエッセイの訳と暗記と単語、
仮定法までの文法問題衆の理解
簡単な英語小説の訳と暗記と単語テストなどが効果的でしょう。

英検2級と準2級は、高校程度の英語レベルとも言われていますが、
英語を通常に学んでいるだけではなかなか合格への道は開けないでしょう。

英検の2級と準2級などの級を持っていると
大学・高校での入学試験や進学に対する優遇措置をとる学校もあり
その数は年々増えています。
しかし一部では、英検の2級、準2級の合格者の中に
実力のバラツキが見られるという意見もあります。

英検の2級と準2級は、高校レベルとされていることもあり
高校在学中に受験する学生も多いようです。
現在ではやや減ってきていますが、
全部の級を併せて250万人程度の受験があるようです。

リスニングは、大量に英語を聞くことが必要です。
なるべく、毎日英語を聞くようにしましょう。
長い時間でなくても大丈夫なので 英語を聞くクセを
つけるといいですね。
スピーキングもありますので、その対策にもなりますね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

One should count each day a separate life.
Seneca

毎日を別の人生だとみなすべきだ。
              セネカ

http://quotations.livedoor.biz/archives/cat_50015411.html
より引用
 
SEO対策:英語SEO対策:英会話