2009年4月29日水曜日

英会話スクールの比較について

今回は、英会話スクールの
比較について書いていきます。

駅前だけでなく、最近は
あちこちでよく見掛けるようになった
英会話スクール。

CMなどをみて
行ってみようかなと
思ったことはありますよね?

しかし、
英会話スクールに行こうと思うけど、
英会話スクールがたくさんありすぎて
どこに行けばいいのか
迷ってしまうという人はかなり多いと思います。

迷っているならまずは
英会話スクールを比較してみるといいでしょう。
気になる英会話スクールを比較して
自分にあったスクールを見つけませんか?

比較する材料は、それぞれいろいろあると思います。

ここでは英会話スクールを簡単に
比較紹介したいと思います。

何かの参考になれば幸いです。

<イーオン>
 ・料金(コース払い)
 ・担任制
 ・教師(外国人教師と日本人教師)
 ・スケジュール(固定制)
 ・振り替えシステム有り
 ・教育訓練給付制度の適用コース有り
 
<ECC>
 ・料金(ポイント制)
 ・コースにより担任制と選択制があります。
 ・教師(外国人教師)
 ・スケジュール(コースにより予約制と固定制があります。)
 ・振り替えシステム有り
 ・教育訓練給付制度の適用コース有り
 
<ジオス>
 ・料金(コース払い)
 ・担任制
 ・教師(外国人教師と日本人教師)
 ・スケジュール(固定制)
 ・振り替えシステム有り
 ・教育訓練給付制度の適用コース有り(一部の地域のみ)
 
<シェーン>
 ・料金(月謝制)
 ・担任制
 ・教師(外国人教師。イギリス英語がメインです。)
 ・スケジュール(固定制)
 ・振り替えシステム(コースにより異なります。)
 ・教育訓練給付制度の適用コース有り
 
<ベルリッツ>
 ・料金(コース払い)
 ・担任制ではありません
 ・教師(外国人教師)
 ・スケジュール(固定制と予約制)
 ・振り替えシステム有り
 ・教育訓練給付制度の適用コース有り
 ・
この他、1レッスンあたりの
単価比較・時間比較、英会話スクールの場所や時間帯の比較
また実際に無料体験などをうけてみて
スタッフの対応比較なども
スクール選びの基準にするといいとおもいます。

2009年4月19日日曜日

大人のための英語多読入門


大人のための英語多読入門

大人のための英語多読入門とのことですが
ターゲットは50代以上の人向けです。

多読でどのように?
かといいますと

やさしい洋書(絵本みたいなものから)はじめていくというものです。

そして、だんだんと難しい本に挑戦していくというものです。

幼い子供が、母国語を修得していく過程に似ています。
絵本からはじめて、小学生の英語の教科書や
小説、そしてだんだん難しいのに
挑戦していくというものです。

なぜ簡単なのからはじめていくかといいますと
それは、多読三原則というのが
あります。

多読三原則とは
1、辞書は引かない
2、わからない部分は飛ばす
3、進まなくなった本は後回し

です。

やさしい本をたくさん読むことによって
難しい本が読めるようになるとのことです。

というわけで、自分か理解できるところから
はじめていきます。

基本的に、なにかを読むのがすきという人には
向いている方法だと思います。

この辺からなら・・・
とおもっても 意外と読みなかったりするんですよね
これが。

ゆっくり、じっくり洋書を楽しむ感じで
はじめてみてはいかがでしょうか


大人のための英語多読入門

2009年4月11日土曜日

英会話スクールの選び方 について

今回は、英会話スクールの選び方
について書いていきます。

英会話スクールっていろいろありますよね。
いろいろと問題になった時期もありました。

そう考えると、英会話スクール
ってどう選べばいいかわからないと
悩んでいる人は多いと思います。

英会話スクールにはECC、Gaba、
シェーン、ベルリッツ、イーオンなど大手の学校や
個人でやっているスクール等
たくさんのスクールがあります。

まず英会話スクールの選び方は
その目的や予算、
そして住んでいる地域などによって
条件はいろいろ変わってくる思います。

英会話スクールを選択するときには、
自分がなにを重視するのかを
はじめに決めておくことが大切です。

料金なのか、通いやすい場所なのか
雰囲気なのか
いろいろあると思います。

参考までに、英会話スクールの選び方の
ポイントを少し書いてみたいと思います。

<英会話スクールの選び方のポイント>
①レッスンの値段
1レッスンあたりの値段の比較、月謝制の有無、チケット制の有無
②入会金や教材費?
入会金はどれくらいか、教材費はどうなっているか
③割引はあるのか?
割引やキャンペーンはやっているか
④レッスンの内容
自分が学びたいものはあるか
(一般英会話、旅行英会話、ビジネス英会話など)
⑤人数はどうか?
プライベートレッスン、セミプライベートレッスン、グループレッスン等
どのような形式なのか
⑥レベル設定はどなっているか?
クラス分けはどのようになっていて、レベルはどのように分けられているか
⑦担任制かどうか?
⑧レッスンの振り替えができるのかどうか?

あなたが重視するポイントは
わかりましたでしょうか?

あなたの重視するポント中心に
それぞれの英会話スクールの
くらべてみて自分にあったスクールを選びましょう。

もちろん、英会話スクールの選ぶ上で重要なことに、
通う英会話スクールの場所があります。
続けられるように、
自分が通いやすいスクールを選ぶようにしましょう。

その他、英語の発音にこだわる人は
その英会話スクールの選び方のポイントに
そのスクールがアメリカ英語重視なのか
イギリス英語重視なのかについても
考えておくといいとおもいます。

2009年4月4日土曜日

日常の英会話の上達について

今回は、日常の英会話の上達について
ということを書いていきます。

英語を話せるようになりたい、
英語が使えるようになってスキルアップを
したいというようなことを
思っている人はかなり多いともいます。

どうやって勉強していけばいいか
よくわからないという悩みを持っている人も
多いと思います。

当たり前のことかもしれませんが
日常英会話を身につけるには、
近道というものはありません。

そう言うとなんだよー
っとがっかりしてしまう人
もいるかもしれませんね。

残念ながら、近道はありませんが
その分勉強したことは
少しずつでも確実に自分のものに
なって積みかさっていくのが
英語にかぎらず語学の勉強です。

英会話を身につけるには
毎日の学習がとても重要になります。

今はやりの言葉を
使うと毎日英語を勉強する「仕組み」を
つくることが大切ですね

ここで少しですが
日常英会話を身につけるために
何をしたらいいかということを
まとめて見ます。

■英語の文法力をつける■
文法??
っと思った人もいると思います。
日常英会話なんだから、たくさんネイティブと
話して慣れることが大切なんじゃないかと
思っている人も少なくないでしょう。

この考えは間違いではないと思いますが
それだけでは日常英会話を身につけることは
難しいと思います。

英語はネイティブ以外の人も
はなしているので、正しい英語でなくても
会話が通じることは多々あります。
しかし、通じない場面も多いと思います。
英語の基礎となる文法を身につけるには
とても地道な学習がいるのでしたくないと思う人も
いると思います。
しかし、文法のような基礎を身につけることが
英語力上達につながるということを忘れないでください。

■毎日英語に触れる■
英会話は、当然急にできるようにはなりません。
日常の英会話を身につけるには
英語を毎日聞いたり、読んだり、しゃべったり
することが大切です。
もちろん毎日少しでもいいです。
継続していきましょう。
英会話のCDを聞いたり、英語新聞の記事を読んだり、
英会話をしたりして英語に触れる努力をしましょう。

■声を出す■
リスニングをするときは聞いた英語を
声に出すことをクセにしましょう。
そうすることで英語のリズムになれることができます。
また英語の本や記事などを読むときも
始めのうちは、声に出して読んでみるといいです。

日常の英会話を勉強するには
いろいろな勉強方法があります。
どの方法を選んだとしても、
基本は、毎日英語に触れること
その学習を継続することが
とても大切なことです。

一人ではなかな続かないというひとは
英会話学校に行くのも一つの方法でだとおもいます。
 
SEO対策:英語SEO対策:英会話